遺言書・公正証書・自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言・公証役場・公証人・作成・相談・戸籍謄本・取得・相続・遺産分割
神奈川県・平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・厚木市・小田原市・大磯町・二宮町・藤沢市・秦野市・横浜市・川崎市・座間市・相模原市・鎌倉市・横須賀市・大和市・綾瀬市・海老名市・逗子市

無料相談のお電話はこちらまで 0463-80-8473

遺言の執行とは・・・

 遺言書を書いて、書いた本人(遺言者)が亡くなった後に、自動的に遺言書の内容が実現するわけではありません。誰かが、遺言書の内容に従って実際に財産分けを行う必要がありますよね。

 この「遺言書の内容に従って、実際に財産分けを行う」行為を「遺言の執行をする」といいます。

 具体的には、「不動産の相続登記を済ませる」、「預貯金の名義変更をする」、「相続人の廃除をする」、「認知をする」などといった行為です。これらは、誰かが現実に行動して初めて実現する行為です。

 上記の行為は、一部を除き、相続人がすることもできますが、遺言書の中で遺言執行者が明確に定められている場合は、遺言執行者しか上記の行為ができないことになります。

 次のページは、「遺言執行者の役割」についてご説明します。



遺言執行サポートセンター by 山本行政書士事務所
神奈川県平塚市河内153-5
営業時間 : 月〜土 10:00〜21:00
定休日 : 日曜・祝日
TEL:0463-80-8473
FAX:050-3488-6334
メール:gyosei@y-gyosei.com